ホテルコンセプト

オーナー挨拶

オーナー挨拶私たち家族の過ごしたアラビア(中近東)世界を、広く皆様に知っていただきたく、アラビアンアートというホテルを作りました。

日本有数のリゾート・鴨川の青い空とコバルトブルーに輝く海の眺め、地物を生かした上質な地中海風コース料理、また趣向をこらした造詣とサービスをご用意して皆様をお待ち申し上げております。

長いエジプトでの滞在経験を活かしこだわり抜いた、異国情緒あふれる空間で、千夜一夜物語の世界へとトリップしていただければ幸いです。

執事付きの別荘にいるような感覚でご利用頂けますよう、スタッフ一同こころよりお待ち申し上げております。

代表 布村 浩一朗

オーナー家族紹介

大手建設会社の社員であった布村哲夫は、新オペラハウス建設のために(1984〜1990)エジプトに家族と共に赴き、その文化にすっかり魅了される。

画家としての活動の萌芽期にあった妻:布村歌子もこの地エジプトにてその才能を開花させ、滞エジプト時に4回の展覧会を催し、カイロ国立文化センターにおける日本人初の絵画展をエジプト文化省主催にて開催、中東各国より大きな反響をいただくという栄誉にもあずかった。

アラブの美の虜となった布村ファミリーが2002年にオープンしたのが、アラビアンアート Hotel&Galleryである。鴨川の一等地、別荘の集まる太海峰岡の青い空とコバルトブルーに輝く海が、まさしくアラブの地中海世界をこの鴨川に再現するきっかけとなった。

現オーナーは、子:布村浩一朗。幼い頃からのエジプトでの生活経験を活かし、ホテル経営の傍らその豊富な知識を基に中近東世界の紹介者、また語りべとして活躍している。オーナー家族紹介

左の写真がオーナーの父母、右の写真がオーナー夫婦です。